リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS ミランのパヴァーヌ1番を弾く/突然ギターが弾きたくなった その3

<<   作成日時 : 2011/01/06 20:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

インターネットで楽譜がダウンロード出来ることを友人から教えてもらったのでアクセスしたところ、いろいろな楽譜が見つかったので何曲かダウンロードした。

ミラン(Luis de Milan)のパヴァーヌ1番と3番があったので、今はこの曲を中心に練習している。

ミランは1500年代(16世紀)中頃のスペインの作曲家で、ビウエラというギターに似た楽器の奏者で、パヴァーヌもビウエラのために書かれた曲ですが、後年ギターで演奏されるようになったものです。

パヴァーヌ1番が発表されたのが1536年ということで、バッハが活躍する200年も前の作品です。

画像


パヴァーヌ第1番を弾いていて、どうしても指が押さえられない箇所が出てきてしまったのです。
上の譜面はぼくがダウンロードした譜面とは若干異なっていて、この譜面だと問題なく押さえられるのですが・・・・この譜面だと音がつながらなくなる箇所があるのです。

問題の箇所です。
画像


上の楽譜で、2小節目の全音符C,E,Cによって、GとFの音を出そうとしても、全音符を押さえながらでは不可能なのです。

初めにダウンロードした譜面ではこの箇所が次のようになっています。
画像


これだと1フレットをセーハすることによって音をつなげることが出来るのです。
ところが、1フレットをセーハしながら1弦の5フレットを押さえようとしても指が届かないのです。
自分は指が短い方ではないと思っているのですが、やはり西洋人の指の長さにはかなわないのでしょうか。

譜面の下には、この運指が不可能な人のためと思われるのが載っていて、Aの音を2分音符で処理すれば、この運指で問題ないのです。
ただ、この譜面でのAの音が2分音符というのはちょっとおかしいのです。
1小節目のAは全音符にして、2小節目にAの2分音符とタイでつながってG、Fと流れるのが自然なのです。
譜面上では上の問題がある方が正解なのです。

YouTubeの動画を見ても完全にタイでつなげている人はいませんでした。 それでも極力音がつながるように演奏したい。
そのためには、どうしても1フレットセーハの運指でないといけないので、考えてしまいました。
そこで気がついたのはフレットの間隔が狭くなれば良いのだ。 それならば、カポタストをつけるのはどうだろう。

ということで、2フレットにカポをつけて1音上げて演奏してみました。

画像


なんとか指が届くではないですか!
わずか2フレットの違いでも大きな違いがあるものです。
音色も1音上がったことで、なんだかより古典的な響きになります。

だがカポをつけて音程を変えてしまうというのは邪道ではないのだろうか。

そう思ってYouTubeを検索したら、2フレットや3フレットにカポをつけている人もいました。
今では、気兼ねなくカポをつけて演奏しています。 おかげで演奏も何とかなりそうです。

YouTubeにいくつかある演奏のうち、個人的に一番良かったのがこの演奏でした。 この人も2フレットにカポをつけていました。
ぼくもだいたいこのテンポで弾いていたので、この演奏は参考になりました。
音も上手にルネサンスの時代を感じさせるような処理がされています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
皆さん新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
この部屋はロックからクラシックまで幅が広いとは思っていたけど、とうとう超古典まででてきました。
リュートは知っていましたがビウエラって知りませんでした。
ところでひぐらしさんいいカポタスト持ってますね。
カポ付けるとポジションマークが邪魔になりますね。
2フレットならまだしも3フレットに付けるとまったくズレてしまいます。
前回ポジションマークについて書かれてましたが、私のギターはフラメンコギターなので付いていません。
なのでマークを気にして弾いたことがありません。
フラメンコはカポを多用するから付けないのですかね?
楽譜について。「問題の個所です」の部分ですが、1フレットは押さえないので問題ないのではと思いますけど。。。但し低音部のファの音は無いですね。
toshi
2011/01/07 12:26
あけましておめでとう御座います。

新年で新たな事が見つかって善かったですネ(^^ゞ
私は指が短いし左右の小指が内側に曲がっているので
楽器は全然向きませんね(笑)

今年もよろしくお願い致しますm(__)m
ユニゾン
2011/01/07 19:44
こんばんは。
>楽譜について。「問題の個所です」の部分ですが、1フレットは押さえないので問題ないのではと思いますけど。。。但し低音部のファの音は無いですね。

実際に弾いてみたら問題の理由がわかりました。
やはり1フレットをセーハするしかないですね。
toshi
2011/01/07 22:47
toshiさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

あのカポタストは昔買ったのですが、緩みやすいためきちんと止めるのが面倒なのでワンタッチのカポを使い、ギターケースのポケットにしまいこんであったものです。
今こうして使ってみると雰囲気がなかなか良いのに驚きです。 捨てなくて良かった。

問題の箇所ですが1フレットのセーハしかなかったでしょう。 YouTubeの映像にも間違った弾き方の人が多いですね。

ひぐらし
2011/01/09 23:12
ユニゾンさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

楽器と言ってもギターだけではないです。 パーカッション等もありますよ。
ぼくもカホンを時々叩いていますが、CDなどに合わせて叩くと楽しいです。
まだぜんぜん下手ですが・・・・

ひぐらし
2011/01/09 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミランのパヴァーヌ1番を弾く/突然ギターが弾きたくなった その3 リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる