リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS カルメン・アマヤ&サビーカス/フラメンコ

<<   作成日時 : 2012/07/13 12:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「カルメン・アマヤ&サビーカスの永遠の名盤が復刻!」という情報を知ってアマゾンで見つけたアルバム(ダウンロード版)です。

画像


 1.チリへ行く時:Cuando pa Chile me voy
 2.ガロティン:Garrotin
 3.長調と短調のディエント:Tiento a mayor y menor
 4.ハレオ・カナステーロ:Jaleocanasero
 5.アレグリアス:Alegrias
 6.マラガのファンダンゴ:Fandango DE Malaga
 7.コロンビアーナ・フラメンカ:Colombiana flamenca
 8.アラビアの夜明け:Amanecer Arabe
 9.ジプシーの嘆き:Lamento gitano
10.セビジャーナス:Sevillanas


1957年頃に録音されたアルバムで、何度か廃盤になって長いこと陽の目をみなかったのが、このほどCDに復刻されて発売になりました。
残念ながらアマゾンにはCDの販売はなく、ダンロード版のみでした。 CDよりもだいぶ安いのでダウンロードしました。


カルメン・アマヤ 1913年11月生、1963年11月50才で死去

バイオーラ(女性の踊り手)として有名な彼女の若き日の映像です。 はっきりしたデータではないですが、1935年のスペイン映画の一部ではないかと思われます。


激しく正確な見事なまでのサパテアード(足でリズムをとる)ですね。
このアルバムでも1曲目からサパテアードと、それに続く哀愁を帯びたカンテが聴けます。 彼女はカンタオーラ(女性歌手)としても素晴らしいです。

1曲目の音がありました。 このアルバムの映像はないようですが、映像があったらなあ! と思わせられます。


若い頃の彼女がサビーカスの演奏で歌っている映像が見つかりました。 1945年の演奏です。 哀調を帯びているとても良い曲です。



サビーカス 1912年3月生まれ 1990年4月78才で死去

1930年代に起こったスペインの内乱(市民戦争)によってカルメン・アマヤとサビーカスは南米に逃げ、その後アマヤはスペインへ戻ったのですが、サビーカスはアメリカで演奏活動をしていたようです。

パコ・デ・ルシアの登場で伝説の人になった感のあるサビーカスですが、今こうして聴いてみるとパコとは違う良さが感じられます。

このアルバムにも収録されている曲「アラビアの夜明け:Amanecer Arabe」です。 映像では「Arabuab dance」と英語表記サれていますが、同じ曲です。 アルバム収録とは異なる演奏です。


サビーカスが演奏する曲の楽譜はないと言われますが、この曲を演奏しているいくつもの動画があります。 もしかしたら楽譜があるのかもしれない。 自分でも弾けそうな曲なので、なんとか手に入らないものか、と探しています。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この演奏気に入りました。ひぐらしさんのブログは毎回レアな音楽と詳細な解説がついており楽しいです。これからもヨロシクです。

パコデルシアよりも好きだな。
今川
2012/07/17 17:17
今川さん、はじめまして。
最近あまり音楽関係の記事をアップしていないので、恐縮です。

パコ・デ・ルシアはフラメンコを聴くきっかけになった人で、大好きですが・・・良い演奏がいっぱいありすぎてなかなか絞れないのです。

これからもよろしく。

ひぐらし
2012/07/18 17:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
カルメン・アマヤ&サビーカス/フラメンコ リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる