リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家のゴキブリ退治方法

<<   作成日時 : 2012/07/31 12:38   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

昔は季節的だったゴキブリも、このごろは1年中出てくると思いませんか。

我が家にもたまにゴキブリが侵入します。

ボクはゴキブリの一匹や二匹部屋にいたってそれがどうした、という方なのですが、女房と娘はゴキブリがよほど苦手らしく、そういう時は仕方がないのでボクがゴキブリ退治をすることになります。

ボクは虫を殺すのも嫌いな方なので、ゴキブリを退治するのは本意ではありません。
 「本当は殺したくないのだけど、ゴメンネ。 我が家に入ったのが運の尽きと思って恨まないでね。」 こう言いながら殺しています。

以前は新聞紙を丸めて叩いていたのですが、あまりキツく叩くとその場でベチャッと潰れて、白い体液が壁などについて汚なくて困ります。
かといって叩き方が弱いとゴキブリが逃げてしまい、そういう時は見つかるまで探し続けないと、女房も娘も部屋に入らなくなってしまうのです。 仕方なく必死で家具を動かしたりしてゴキブリを探して叩き直すわけです。

その時もゴキブリにこう言ってから叩くのです。
 「半殺しで苦しい思いをさせてゴメンネ。 今、楽にさせてあげるからね。」

殺したゴキブリはトイレットペーパーにくるんでトイレで水葬にします。


今まではこのようにしていたのですが、最近は別の方法を行なっています。
「電撃ラケット」という、静電気のショックで蚊やハエを取るという物です。
購入したものは「ナイス蚊っち」という、ホームセンターなどで500円くらいで売られているものです。

画像


本来はハエや蚊をとるためのものなのですが、どういうわけかこのラケットでハエや蚊がとれた試しがありません。

小さな虫たちはほんの僅かな空気の動きにも敏感に反応するのではないのだろうか。 そのため止まっていたり飛んでいたりする奴らに向かって、ラケットを振ることによってわずかな空気の流れが起きてしまい、彼らは危険を感じて逃げてしまうのだろうと思う。

あくまでも個人的な考察なので正しいかどうかは不明です。
電撃ラケットはそれ以来使われることもなく、部屋の隅に置かれたままになっていました。



週末の夜、「ゴキブリが出た。」 と言ってリビングにいた娘が突然寝室に飛び込んできた。
一日中エアコンをつけていて、窓は開けていないのにいったいどこから入って来るのだろうか。 のんびりテレビを見ていたボクは無理やりゴキブリ退治に駆り出されることに。

その時ボクはひらめいた。 そうだ、電撃ラケットを使ってみよう。

あの大きなゴキブリが電撃ラケットごときで死ぬことはないだろうが、とりあえずそれで動きを封じてから新聞紙で叩けば楽に退治出来るのではないか。 これなら強く叩きすぎて汁が出ることもない。 そう考えた。 

件(クダン)のゴキブリはと見ると、テレビが置いてある壁の高いところに止まっているではないか。 テレビが邪魔になって電撃ラケットが届かない。
こちらの攻撃を受けづらい所にいるなんて、うーん、奴もなかなかやるもんだ。

仕方ないので「動くでないぞ。」と念じながら、隣の部屋に行って踏み台を持ってくる。
戻ってみるとまだ敵さんは気がついていないようだ。
踏み台に登り、壁の高いところに止まっている奴に気付かれないよう、ソーッと電撃ラケットを近づけ、一気に押さえる。

一瞬の閃光とともにパチッという音。

だが、ゴキブリはこんなことで参るわけもなく、羽をヒラヒラさせながら部屋の片隅に飛んでいってしまった。
逃げたと思しき所を探してみてもどこに隠れたのか見つからない。

でも、これでいいのだ。 明日の朝になれば・・・・

その夜はそのまま眠りについた。 (ちなみに我が家は未だに女房と娘とボクの3人が同じ部屋で寝ています。)


翌朝リビングに行ってみると・・・・

昨夜のゴキブリと思われる胴体や手足がバラバラになってテーブルの下に落ちている。

そうなんです。 我が家には5匹の猫がいるのです。
昨夜は猫たちも面白い遊び相手が出来てさぞかし喜んだことだろう。

本当は、ゴキブリは殺さなくても猫たちが見つけてやっつけてくれるのですが、高い所にゴキブリがいると、それを取ろうと無理やり高い所に登って家の中の物をめちゃくちゃにされるので、高い所にいるゴキブリは落とす必要があったのです。


こういう方法は猫のいない家では無理です、念のため。 必ずその場でやっつけておかないと、すぐに元通り元気になってしまいますよ。


ゴキブリを殺すのもためらうようなボクですが、実のところは結構Sだったりして。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ハハッ。僕は虫には容赦しないです。動物には同情心があるのですが。

花や昆虫には。人間としてのPrideですね
今川
2012/08/01 16:47
自分もゴキブリ退治係です。
虫が大の苦手なのに(><)。

いい道具が!と思いましたが、
うちには猫がいないので
だめそうです(TT)。

ところで、私の祖母は
私が幼い頃、
壁を登っていたゴキブリを
はえたたきで下からスコーンと
たたき上げ、下に落ちてきた所を
空中で、まるで野球のノックのように
またはえたたきでヒッティングし、
そのまま窓の外に打ち飛ばしてしまった
ことがありました。

本気でびっくりしました(笑)。
波野井露楠
2012/08/01 18:38
一人暮らしをしてた頃のアパートはよく出ましたねー!格闘してましたよ!

猫×2が存命の頃もアパートだったんですが、たまにゴキブリいました。
何度かバラバラ事件ありましたね(笑)
ケイ
2012/08/02 14:59
今川さんは
無視には容赦なしですか。
ボクは虫に美を感じてしまう方で、ゴキブリも黒く光沢感があって綺麗じゃないか、と思ってしまうんです。 だから家に入った虫はなるべく逃がすようにしていますが、ゴキブリだけは逃すと家族に猛攻撃を食らうので殺しています。
ひぐらし
2012/08/03 13:00
波野井さん、この方法は猫がいる家限定なんですよ。
猫がいない家では確実に殺さないとまずいですね。
おばあさん、すごいですね。 殺生をしないで退治したのですね。
とても動体視力が良いのだからできるのでしょう。 ボクにはとても無理です。

ひぐらし
2012/08/03 13:02
ケイさん家もやはり猫が退治してくれていたのですね。

猫がゴキブリを襲うのは本能とのことですが、最近ゴキブリを襲わない猫も多いようです。 我が家にもゴキブリに関心を示さないのが1匹います。
ひぐらし
2012/08/03 13:06
私は輪ゴムとスリッパの2段攻撃です(*^^)v
高い所は太い輪ゴムでゴムパッチンで落とし、落ちた処をすかさずスリッパ攻撃です!
モグラ叩きの特訓が約にたっています。
台所に居るゴキは食器洗い用の液体洗剤をそのままゴキの頭の上にたらすと動けなくなりますよ(^_-)-☆
ユニゾン
2012/08/03 21:07
ユニゾンさん、輪ゴムでゴキブリを撃ち落とすなんて、コレはまたすごい技ですね。 シューティングゲームが苦手なボクにはとても出来そうにありません。
台所のシンクにいるときはボクも食器洗い洗剤をつかいます。 あれは強力ですね。
ひぐらし
2012/08/06 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家のゴキブリ退治方法 リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる