リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱帯魚を飼う

<<   作成日時 : 2012/10/01 12:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リビングに置いてある45センチの小型水槽のメダカが絶えたのを機会に水槽の手入れをしました。

日頃、水換えや清掃という水槽の手入れはほとんどしないで、たまにコケが付いたガラスを拭いたり、水を補充するだけなので、こういう時でないと水槽の掃除が出来ないのです。

今回行った手入れです。

1.底砂の汚れを取る
底砂は水草のためにソイルを使用しているので、ゴシゴシ洗うと溶けてしまいます。 そのため軽く水洗いで汚れを取るだけにしておきます。

2.浄化システムの見直し
今まで外掛式フィルターを使っていて、浄化能力の不足が気になっていたので、今回底面フィルターと外掛式フィルターを併用しました。
底面フィルターを通った水を外掛フィルターで2重にろ過するというわけです。
底砂が汚れをろ過してくれるので、今までのように物理的なろ過は必要ないということで、外掛のフィルターには専用のフィルターを取り除き、多孔質ろ過材と麦飯石を入れてバクテリアの育成をすることにしました。


水槽を変更して2週間。 そろそろ魚を入れようと日曜日、ホームセンターに行って魚を買って来ました。

今まではメダカばかりだったので、たまには熱帯魚がいい、という娘の要望で久しぶりに熱帯魚を買いました。


水槽の一部です。
水草はアヌビアス・ナナです。 ここにあるナナは30年も前から我が家で代々繁殖されているものです。
この水草は光量が少なくても、少しくらい水温が低くても大丈夫なので、メダカの水槽の時に利用していたものです。
非常に浮き上がりやすい水草なので、根が底砂から浮いてしまっています。 近いうちに埋めなおさなければ。

画像



今回買った熱帯魚です。娘が選んだのは『レッドトップ・ミッキーマウス・プラティ』。
尾びれにミッキーマウスのような模様があって、とても人気がある魚です。
当日も子供連れの人が選んでいました。

画像



もう1種類、ボクが選んだ『ネオンドワーフ・レインボー』です。
ヒレの色が美しく、魚らしい姿が良いです。
以前は高価で手が出なかったのですが、最近は非常に安価になりました。

画像



プラティは中南米【メキシコ)、レインボーフィッシュは東南アジア(パプアニューギニア)と原産地が全く違う2種で、さらにアフリカ原産のナナを同じ水槽に入れるのはトンチンカンなのですが・・・・この際難しいことは無しにしました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱帯魚を飼う リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる