リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS パイプオルガン/キャメロン・カーペンターが初来日

<<   作成日時 : 2013/01/31 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オルガンの鬼才「キャメロン・カーペンター」の演奏会が2月27日にサントリーホールで行われます。

キャメロン・カーペンターは1981年アメリカ生まれという、まだ30代前半の若手ですが、超絶技巧の演奏をします。

YouTube で見たことがあって、見た目は気持ち悪いですが、演奏はすごいです。


今回の演奏会プログラムにもある、ショパンの「練習曲ハ短調作品10-12 革命」の動画です。




有名なバッハのBWV565トッカータとフーガ ニ短調の演奏です。
表現も豊かだし、技巧的にも凄いのですが・・・・




カール・リヒターの演奏による「トッカータとフーガ」です。
古い録音なので音がかなり悪いです。



(直接見ることができない場合はこちらから見て下さい)

昔から聞き慣れているせいか、リヒターの演奏のほうがバッハらしい重厚な感じが出ていて個人的には好みです。


たまたま今回の演奏会の格安チケットを手に入れる機会があったのですが・・・・
トッカータとフーガの演奏を見て迷いが出てしまい、機会を逸してしまいました。

個人的には疑問も感じるキャメロン・カーペンターですが、やはり一度は生で聴いておかなければいけなかったかと、今では後悔しています。

_____________________________________

パイプオルガンの仕組みを紹介している映像がありました。
英語とドイツ語(英語字幕あり)なので、英語が得意でない人(ボク)にはちょっとわかりづらいかもしれません。
ちょっと長いですが、なかなか面白いので紹介します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パイプオルガン/キャメロン・カーペンターが初来日 リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる