リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS ベサメ・ムーチョ/ビートルズからセザリア・エヴォラまで

<<   作成日時 : 2013/03/04 12:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、偶然「ベサメ・ムーチョ」を聴く機会があったのです。
前回ブログに書いたセザリア・エヴォラという人が唄うベサメ・ムーチョです。


初めて聴いたのは、トリオ・ロス・パンチョスだったかザ・ベンチャーズだったか。
どちらにしても半世紀以上前のことで、その後あまりこの曲に興味がなかったのですが・・・

トリオ・ロス・パンチョスなんてとっくに飽きて効かなくなっていたのですが、久しぶりにYouTubeで聴いてみるととても良いではないですか。

本当はこれらの演奏から紹介しようと思ったのですが、例によって制限がかかっていたし、ザ・ベンチャーズに至っては埋め込みも禁止だったので、残念ですがこの2つは除外することにしました。


数多あるベサメ・ムーチョの中から、ちょっと珍しく、それでいて雰囲気の良い演奏を選んでみました。


最初に驚いたのはザ・ビートルズが演っていることでした。

当然正規のアルバムには収録されていません。  「The Beatles Anthology」という3枚組のCDの中に入っています。

その時の映像がありました。 映像そのものがベサメ・ムーチョかどうかは不明です。 少なくとも動きは合っているようにも見えますが・・・・
彼らの演奏は完全にロックなのですが、どことなくラテンの香りがするのが、なかなか興味深いです。




次に、フランスの歌手、女優でもある「ダリダ」です。
我々年寄り世代には知らない人がいないくらい有名でした。
彼女は1987年54才で自殺しているので、随分前の映像のはずですが、今見ても古さを感じさせないです。
ちょっと映画音楽っぽいアレンジです。




ナット・キング・コールの演奏です。 音だけで映像はありません。
彼は1965年46才で肺がんによって亡くなっています。 娘のナタリー・コールと映像でのデュエットでおなじみですね。
ピアノの弾き語りです。 ジャズピアニストとして色々なミュージシャンに影響を与えただけにここでもピアノが映えています。





ケニーGとスティービー・ワンダーです。 最初の1分20秒は演奏に入っていません。
スティービーの歌が聴けるかと思ったのですが、ハーモニカ演奏だけでした。 だけどそのハーモニカが凄いです。 スティービーがこういう曲を演奏するということだけでも珍しいです。 
 




ジョアン・ジルベルトとカエターノ・ヴェローゾです。

TV番組を持っているカエターノ・ヴェローゾが尊敬するジョアン・ジルベルトと共演した時の映像のようですが、ジョアンを思いやるカエターノの姿勢がほのぼのとしています。
2000年の映像とのことで、まだ70前の筈ですがジョアンは随分年寄りに見えます。
大好きだったジョアン、元々若さを感じなかったですが時代の流れを感じますね。



カエターノ・ヴェローゾがどういう人なのか全く知らなかったのですが、彼のことがとても詳しく書かれているサイトが見つかりました。
- 20世紀ポップカルチャー史 -というHPの中の「ブラジリアン ハイパー文化をリードする天才アーティスト」という記事です。
興味ある方は呼んでみて下さい、とても凄い人生を送った人のようです。
見た目はとても優しそうで波瀾万丈を生き抜いてきてた人のようには見えません。



日本から、毎週土曜日の夜テレビ東京が放映していた「ミューズの晩餐」という音楽番組からの映像です。
バイオリンの川井郁子さん司会で、毎週ゲストを迎えて話と演奏を聴かせるという、とても品の良い番組でしたが、2011年3月で終了してしまいました。 
日本テレビの「Music Lovers」も今年の3月一杯で終了になるし、こういう質の高い音楽番組がだんだん消えていきますね。 

沖 仁(G)、川井郁子(V)、大儀見元(P)、小林智詠(G)





他には
アート・ペッパーの演奏(音だけ)もあったのですが、ジャズではとても有名な演奏なので、ここでは外しました。

クラシックでは「アンドレア・ボチェッリ」の歌がとても良かったのですが、例によって制限が付いているので残念ですが紹介を止めます。
他にもいくつかクラシック歌手のものがありましたが、どれも歌い上げすぎていて、イメージが違いすぎるのでこれらも外しました。



やはり個人的に一番気に入っているのがこの人の歌です。

セザリア・エヴォラの2001年ライブから(2004年のライブ映像は前回紹介しています)





ベサメ・ムーチョなんて誰でも知っている曲だと思っていたのですが・・・・
会社の30前の若い人に聞いてみると、「そんな曲知らない」 でした。
そういえばボクも長いこと聴いていなかった記憶はあるのですが、
過ぎ去った時代を感じてショックでした。


他にも実にたくさんのベサメ・ムーチョがありますので、探してみるとまだまだおもしろい演奏に出会えるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ベサメ・ムーチョは トリオ・ロス・パンチョスしか知らなかったけど いろいろな人がカヴァーしてるんですね。
ビートルズまでが歌っているとは 意外でした。

私もセザリア・エヴォラのが一番いいと思いました(*^_^*)
まり
2013/03/10 20:08
まりさん、ボクもあまりにも多くの人がカバーしているので驚きました。

それより30前後の人、何人かにこの曲を聞かせたのですが、全く聴いたことがないということに驚き、時代の変わり様を思い知らされました。
ひぐらし
2013/03/13 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベサメ・ムーチョ/ビートルズからセザリア・エヴォラまで リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる