リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 拇指CM関節症/やっぱりギターを弾くのは無理かなあ

<<   作成日時 : 2013/11/17 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ボクは拇指CM関節症という、親指が痛む症状で困っています。

拇指CM関節症とは、親指(拇指)の第1関節、指の根本と手首の間にある関節(CM関節といいます)に痛みが出る症状です。
この症状に気がついたのは、きつく閉まって開かないジャムだったか何かの蓋を無理やり開けようとした時でした。
左手の親指に痛みが走ったのが最初でした。

ボクは左利きなので、左手を使うことが多いのです。 字を書いたり箸を持ったりは右手を使うので日常的には問題が起きないのですが、力がいる仕事は左手を使うため親指が痛むというのは困るのです。

初めは指に無理な力がかかった時だけ痛んでいましたが、その後だんだん痛む度合いが多くなり、何年かして気がつくと痛い方の左親指の付け根が右手よりも若干出っ張っていました。

画像画像


写真で見ると左右あまり違わないようですが実際は左指の骨がかなり出っ張っています。
別角度からの写真です。
画像


日常生活は特に問題ないのですが、ちょっとしたはずみで親指に力が入ると突然痛み出し、しばらくは痛みが退きません。
先日も夕食のおかずにスーパーで買った刺し身のパックに付いている小さなわさびの袋を切ろうとしたら、突然痛みが走ったのです。
ここ数週間ほど親指が痛むことが多いので、なるべく左手を使わないように注意していたのですが、まさかあんな小さな袋を開けるのも駄目だとは思っても見ませんでした。 結局その後何日も湿布を貼って痛みを軽減する始末。


こんな状態なのでギターの練習はひかえていたのですが、やはりギターが弾きたくなり試しにちょっと弾いてみると、それほど痛くはないので安心していた時でした。 セーハをした途端に痛みが走ったのです。
すぐに親指をネックから離したので痛みはすぐに退きましたが、セーハ、特にハーフセーハの時に痛みが出るようです。 他にも押指に無理がある場合なども痛むことが多いです。

どうやらセーハや無理があるポジションなどの場合に親指のCM関節(第一関節)に負担がかかるようなので、CM関節に負担がかからなければなんとかなるのではと、考えてみました。

まず、以前にも紹介した(ここです)ことがある、プラスチックの固定装具を使用してギターを弾くという方法です。

画像


この固定具はCM関節の動きを完全に止めてしまうので、痛みからは開放されます。 ただ第2関節まで固定されてしまうのでギターを弾くには不便です。 固定具がネックにあたって弾きにくいことこの上ありません。
言い忘れましたが、左利ですがギターは右利きの人と同じに左でフレットを押さえて右で弾いています。


そんな時、ネットで見つけたものがありました。 CM+(シーエムプラス)という製品です。

画像


手首を固定した後、親指のところから出ている2本のバンドをCM関節の左右に固定するだけです。 CM関節外部当たる場所にはクッションがあって手に優しい構造となっています。

画像


普段はこのCM+で問題なく生活出来ます。
気をつけなければいけないのは2本のベルトをあまり強くするとかえって痛むので、やや緩めに締める必要があります。 その場合CM関節もわずかに動くので、完全固定に比べると効果は薄いですが、そのかわり不自由さは減少します。
不自由でも完全に固定をして痛みを和らげるか、少し痛みがあっても自由さを取るかは個人の問題だと思います。

CM+だと第2関節は動かせるのでギターが弾けそうです。
早速弾いてみました。

結果は、ギターは普通に弾けますが、痛みはやはり出ます。
着けないよりはいいのですが、やはり無理なポジションやハーフセーハなどの時の親指にかかる負担はCM+が負けてしまうようです。

CM関節症があまりひどくない場合は多分この方法でギターは弾けると思いますが、ボクの場合は駄目でした。


拇指CM関節症は、親指の使い過ぎや老化に伴って関節軟骨の摩耗が起きて、それが原因で痛みが出る。 ということのようです。

関節の軟骨にいいと言われているサプリメントに、『コンドロイチン』や『グルコサミン』があります。
本当に効果があるのかないのが、ネットでは否定的な意見が多いですが、これを服用することでいくらか症状が軽減されるなら。 と最近『コンドロイチン』を飲み始めました。

ほんの気休めでしかないかも知れないですが、「溺れる者は藁をも掴む」境地です。

とりあえず1ヶ月ほど使用して様子を見ようと思っていますが、それまでギターを弾けないのは結構つらいものがあります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひぐらしさん、こんにちは。
私は逆に右手小指側が痛くなるTFCC損傷に悩んでいます。
テニスをやった後は必ず痛みが残ります。
水の入った洗面器を持つことが出来ません(ー ー;)

小さな力も大きな力も関係ないようです。
ひねったり回したりのちょっとした角度でスジに痛みが走ります。
テニスをする時は装填具としてアルケア社のリストケア・プロを使っています。
幸いギターを弾くには影響がないのが救いです。

ひぐらしさんがギターを、そして私がテニスを続けるのであればお互いに手術が必要なんでしょうか?
拇指CM関節症の手術には「関節固定術」と「関節形成術」の二通りあるらしいですね。

「関節形成術は10年ほど前から普及(2012年現在)。CM関節を動かないように固定する従来法 「関節固定術」と比べ、手術後に握力は多少落ちるものの、CM関節の機能は残せる。」
toshi
2013/11/18 11:58
Toshiさん、こんにちは。
TFCC損傷、初めて聞きましたがテニスなどのラケット使用のスポーツをする人に発症する症状のようですね。 右手首の損傷ということで、生活に影響が出て大変ですね。

手術ですか。 最近よく聞く「関節形成術」だと術後も指が動かせるようですが、出来ればしたくないです。
今のところ左手を動かさないでいると痛みが引いてくるので、なんとかこのままごまかそうと思っています。

その代わり、右手をよく使うようになったせいか、今度は右手まで痛みが出るようになって、今はサポータを右手にはめています。
右手は仕事で字を書くので結構厳しいです。
ブログの写真を見て気がついたのですが、右手も少し腫れてきているようでした。

久しぶりに少しギターを弾いてみたのですが、押弦に無理がない易しい曲だと全く痛くないです。
調子に乗って「jorge do fusa」を弾いたら痛みが出てしまいました。 でも、痛む場所が分かってきたので、その場所さえ注意すればどうにかなりそうです。 いづれにしても無理は出来ないですが。
ひぐらし
2013/11/20 12:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
拇指CM関節症/やっぱりギターを弾くのは無理かなあ リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる