リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉に行く、その2/御霊神社

<<   作成日時 : 2014/05/20 12:50   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

鎌倉から満員の江ノ電に乗り3駅目。 長谷で下りて長谷寺に向かったのですが、あまりに人が多いので方向を変えて「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」にお参りに行きました。

御霊神社は別名、鎌倉権五郎神社とも言われる、平 景政(鎌倉景政かまくら かげまさ)を祭った神社です。
長谷駅を海の方に向かって行き参道を通って神社の正面から入ると良いのですが、今回は横から入ることになりました。

裏道に入ると表通りの喧騒が嘘のように静まり返っています。 御霊小路という標札がありました。

画像


鎌倉権五郎神社の石碑がありました。 この道を入って行きます。

画像


横の入り口です。 正面に比べると随分小さな入口です。

画像


正面から入るとこんな感じです。 フジTVのドラマ「続最後から二番目の恋」の主人公の家がこの手前左の路地奥にある、というようなことを人力車夫が説明をしていました。
踏切のすぐ先に鳥居があります。

画像


ということは・・・・

画像


江ノ電が鳥居のすぐ脇を通り過ぎる時は多くの人が写真を撮っていました。

本殿です。

画像


境内には幾つもの庚申塔が有りました。

下の方に三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)がいます。

画像


横にいるのは八咫烏(日天)だと思います。 反対側は見なかったのですが、兎(月天)がいたのかも知れません。

画像


画像


台座に面白い三猿がいます。

画像



庚申の日に寝ると、体内にいる三尸(さんし)の虫が天帝にその人の悪事を報告しに行き命を縮めるので、それを防ぐため一晩中起きていなければいけない、ということです。
実際には大勢が集まって一晩中飲んで楽しんでいたようですが。


御霊神社は鎌倉の観光地としては地味ですが、そのぶん静かで落ち着いた雰囲気なのでお気に入りの場所です。 

鎌倉・江ノ島七福神巡りの1つ福禄寿が安置されているので、時間にゆとりがある人は七福神巡りをするのも良いのではないでしょうか。 北鎌倉から江ノ島まで行く必要がありますが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉に行く、その2/御霊神社 リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる