リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS パヴェル・シュタイドルのマスタークラスをYouTubeで見る

<<   作成日時 : 2014/07/18 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

いろいろな音楽には「マスタークラス」という、所謂その道のマスターが生徒に音楽的や技術的なことを教える公開レッスンがあります。

クラシックギターに於いてもマスタークラスがあり、有名な演奏家が開いていますが、生徒となるには技術的にもかなりのレベルが必要で、ボクのような万年初級レベルの人間には、受講することなんて夢のまた夢です。

このマスタークラスの模様がYouTubeにいくつもアップされていて、現役ギタリストの中でもトップクラス(個人的評価)の「パヴェル・シュタイドル(Pavel Steidl)」というチェコのギタリストのマスタークラスがありました。

その中にヴィラ・ロボス:前奏曲第3番についての講義があり、ボクが初めてヴィラ・ロボスに挑んだ曲ということもあって見てみました。

Pavel Steidl Masterclass - Villalobos



マスタークラスというと威厳があって敷居が高いものだと想像していたのですが、パヴェル・シュタイドルのそれは実にくだけていて、楽しいものでした。


他にもいろいろあった中にF・ソルの「魔笛の魔笛の主題による変奏曲」がありました。
かなりオーバーな表現で笑いも湧いていましたが、曲をどのように表現するのかがよく分かり、挫折していたこの曲にまた挑戦してみたくなりました。
後半にシュタイドルのソロがあります。 演奏している曲名は分かりませんが19世紀前後の曲のようで、くだけた演奏の中に音楽表現の本質がかいま見られてとても参考になりました。

Pavel Steidl Masterclass in Torrent-2.



彼の演奏を見ていると、どこかグレン・グールドと共通点があるように思えてくるのですが・・・・(グールドファンの人、怒らないでね。)


これはちょっと不思議な内容の講義です。
講義の途中でモンゴルの伝統的な歌唱法、ホーミーのような発声方法についての講義? まであります。

Producciones Orozco: "Pavel Steidl Masterclass in Torrent"



この講義の演奏方法やホーミーを実際にステージで行っている映像がありました。

彼の作品「And you go to Ithaca, too?」(イサカとはニューヨーク州の外れにある都市の名) です。
クラシック音楽なのにどこかロックに通じるところがあるので、クラシックギターはちょっと。 という人にも聴いてもらいたい演奏です。
リズムボックスを使っているのかと錯覚する正確なリズムから始まり、ギター以外の音も使って演奏しています。

Pavel youtube piece



「エリーゼのためのランバダ」という曲です。 ランバダと聞いて「カオマのランバダ(オリジナルはロス・カルカスの『泣きながら:Llorando se fue』)」を思い出してしまいました。

カメラが固定されていないので映像が動いて少し見づらいですが、顔の表情までがとても楽しい演奏で途中聴衆の笑い声まで聞こえます。 

Pavel Steidl: Lambada für Elise (Calcutta, India)



他にもカルロ・ドメニコーニ作曲の『ジミ・ヘンドリックス賛歌』の演奏もありましたが、演奏時間が長いので省きました。 ブログタイトル上本当は省いてはいけないのでしょうが・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
この先生の講義とても分かりやすくて素敵です。
演奏も楽しくて表情豊かで魅力的です♪
受講はできなくてもこうやって動画を見ることができてすごく参考になります。
紹介してくださってありがとうございます(^^)
白亜ジュラ
2014/07/22 21:48
白亜ジュラさん、パヴェル・シュタイドルの講義は堅苦しくなくて良いですね。
魔笛の主題による変奏曲の第4変奏はかなりオーバーですが、この表現方法を参考にしたら一気に完成度が上がりました。
やはりこういう講義は聴くと参考になりますね。
ひぐらし
2014/07/24 12:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
パヴェル・シュタイドルのマスタークラスをYouTubeで見る リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる