リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャズもクラシックギター曲にしてしまう/ローラン・ディアンス(Roland Dyens)

<<   作成日時 : 2014/11/05 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ローラン・ディアンス(Roland Dyens)というフランスのクラシックギター奏者、作曲家がいます。

クラシックギター(以降クラギと称します)に興味がある人には、村治佳織さんの演奏でもお馴染みの「タンゴ・アン・スカイ」も彼の作品です。

とてもよい曲で、冒頭の部分はこんな感じです。

画像


以前ボクもこの曲に挑戦したのですが、難しすぎて放り投げたままです。


作曲家本人ローラン・ディアンスの演奏です。

Tango en skai



この曲のように彼は純粋のクラシックだけではなく、ジャンルの違う音楽を巧みにクラギで演奏しているようで、YouTubeを検索していたらジャズをクラギにアレンジした動画が有りました。


ジャンゴ・ラインハルトの名曲「ヌアゲス(Nuages)」
ジャズ・マヌーシュ(ジプシー・ジャズ)といわれる、この音楽で使われているギターもクラギに近く、この曲を演奏するのもなんとなく分かる気がします。

Roland Dyens: Nuages - Django Reinhardt



こちらがジャンゴ・ラインハルトの演奏です。

Nuages - Django Reinhardt



この他に、ディジー・ガレスピーとフランク・パパレリの共作によるジャズの名曲、チュニジアの夜も演奏していました。
トランペットがメインのこの曲をクラギで演奏するとは驚きです。

Roland Dyens - A Night in Tunisia



比較としてやはりディジー・ガレスピーの演奏を、と思いましたが、チャーリー・パーカー・セプテッドの演奏があったのでマイルス・デイヴィスのトランペットも聴けるこちらにしました。 アレンジもオリジナルと大きく違っていないです。

Miles Davis & Charlie Parker - A Night In Tunisia



ローラン・ディアンスはこの他にもジャズやラテンの曲をアレンジしていて、これらの曲は楽譜も発売されているようで多くの人の演奏がYouTubeにアップされています。

彼の凄いのはジャズの曲をただクラギでそれらしく弾くというのではなく、完全に新しい音楽、現代クラッシクの作品に仕上げているところではないでしょうか。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャズもクラシックギター曲にしてしまう/ローラン・ディアンス(Roland Dyens) リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる