リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフトバンクのCM曲/年配者に懐かしい「ケ・セラ・セラ」

<<   作成日時 : 2015/03/27 21:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

3月18日から放映が始まったソフトバンクの新しいCMに懐かしい曲が使用されています。

懐かしいといっても50過ぎ、いや60過ぎの人にしか懐かしく感じないかもしれない曲、ドリス・デイ(Doris Day)が歌う「ケ・セラ・セラ(Whatever will be will be)」が使われているのです。


「お父さんとの出会い」篇(30秒)



「お父さんとの買い物」篇(30秒)



「ケ・セラ・セラ」は1956年のヒッチコックのサスペンス映画「知りすぎていた男」の主題歌で、主演のドリス・デイが歌って大ヒットした曲です。

日本でもペギー葉山さんが歌っていて、紅白歌合戦でもこの曲が歌われたことがありました。

「ケセラセラセラなるようになるわ先のことなど分からない」 ボクも学校の行き帰りによく歌っていました。

ちなみに「Que Será Será」とはスペイン語で「なるようになる」という意味だということを当時聞いていましたが・・・・

グーグル翻訳で調べてみると「Que Será」は「その意志」という意味で、なるようになると近い意味だとおもいますが、「Que Será Será」だと「それは次のようになります」となり意味不明です。
どうやら「Que Será Será」は造語のようです。


YouTubeに映画の一部分と歌が見つかりました。
映画の中ではピアノ伴奏で歌っていてその動画も見つかったのですが、全曲が聞けるこちらを選択しました。




映画女優を引退してからは「ドリス・デイ・ショー」というTV番組に出演していました。
日本でも放映されていたので、見られた方も多いと思います。


ドリス・デイは誰からも好かれ、女優と歌手の両方を成功させた稀有の女性ですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「知りすぎた男」TVで見たような気がします。
この坊やが誘拐されるんだったけ?
「ケ・セラ・セラ」は歌といい ポジティブな気持ちにさせてくれる ベストソングですよね♪

ソフトバンクのCMは結構 なつかしい曲が使われてますね!
ひるのまり
2015/03/29 19:45
ひるのまりさん、映画の中で誘拐されるのはこの男の子です。
映画の最後の方のシーンでドリス・デイがピアノ弾き語り(実際はピアノ伴奏)でケセラセラを歌う場面がありました。

ソフトバンクもそうですが、懐かしい曲が使われることが結構多く、その当時を思い出してしまいます。
ひぐらし
2015/03/30 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソフトバンクのCM曲/年配者に懐かしい「ケ・セラ・セラ」 リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる