リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 古いデジカメ検証/OLYMPUS CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom

<<   作成日時 : 2015/07/28 12:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

我が家にオリンパスの「CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom」(以後C2100と称します)があります。

2000年8月発売の手ブレ防止機能付200万画素1/2型10倍ズーム(35mm換算38〜380)のデジカメです。
レンズはF2.8からF3.5と明るく、インナーズームのためズーミングしてもレンズ長が変わらないという画期的な商品でした。 その代わりしまう時も長いまま、という欠点もありましたが。

今では手ブレ防止も10倍ズームも目新しいものではないですが、当時は考えられないような高機能だったのです。
手ブレ防止10倍ズームレンズはキヤノン製だったのですが、肝心のキヤノンからはこのレンズを使ったデジカメが発売されていなくて、C2100発売の半年くらい後にパワーショットプロ90ISとして発売されたのです。 この辺いかにもキヤノンらしいですね。

C2100の200万画素に対して901ISは330万画素。 しかし価格も高く撮像素子も実際には260万画素とフルに使用されなかったりで、評判はあまり良くありませんでした。

C2100の小売価格は138,000円、プロ901Sは160,000円。 どちらもとても高価で誰もが買えるものではありませんでした。

C2100はその後値下がりしてボクが購入した頃には5万円を切っていました。


ストロボオンの状態です。 レンズガードフィルターがつけてあります。

画像



ボディ上部です、 モードダイヤルの他にマクロ、測光モード、ドライブのボタンがあります。 ボタン1つでマクロに切り替わるのが便利です。

画像



背面です。 液晶画面の小さいのが時代を感じさせますが、その他の機能は充実しています。

画像



スライド式の電源スイッチに問題があって、オンの先にリセットがあり勢い良くスライドするとリセットに入ってしまい、それまでの設定が消えてしまうのです。 スイッチの感触もクリック感が少なく慎重にスライドしないといけないのです。

画像



同行したパナソニックDMC-TZ7(これも結構古い)との比較です。

画像



上段はC2100、下段はTZ7です。

背景はC2100の方が綺麗にボケるのに対してTZ7はあまりボケていません。

画像
画像



全てオートで写していますが、C2100の方が色乗りが良く、TZ7は全体にやや明るく写るようです。
上部に写っている地面のボケ具合が違っています。

画像
画像



岩の質感や水の描写もC2100は良く表しています。 対してTZ7は発色が薄くて質感も出ていません。 ただこれはPICASAの自動コントラストで簡単に解消出来ます。

画像
画像



C2100の方がやや青っぽく写るようです。 というかTZ7はやや露出オーバー気味なのかも知れません。

画像
画像



上の一部を原寸表示した者です。 画像を2回クリックすると原寸表示されます。
200万画素のC2100では葉の縁などにジャギーが出ています。 1000万画素のTZ7は等倍のサイズが大きくジャギーは確認出来ません。 このへんは200万画素と1000万画素の違いですね。

画像
画像



後から気がついたのですが、画質がHQ(JPEG標準圧縮)で写していました。 SHQ(JPEG低圧縮)かTIFF(非圧縮)で写せば良かったと思います。


C2100の1枚です。 色合いもボケ具合もとても良く、ちょっと見一眼レフのようにも感じられます。

画像



起動や撮影後の書き込みが遅く、液晶画面で撮影する場合はいちいちボタンを押さなければならなかったり、シャッタータイム・ラグがけっこうあるので動くものは苦手。
最大の欠点はメディアがスマートメディアということ。 入手しにくく、容量も小さく、最近のカードリーダーでは対応していないことが多い。 最も200万画素なので容量に関してはあまり影響はないですが。

などなど現在の基準からすると欠点は多いですが、バッテリーは単3の充電池4本で作動するので今でも普通に使えます。

動き回る被写体以外であれば起動や書き込みの遅さやシャッタータイムラグもそれほど問題にならないので、撮影対象を絞れば今でも十分使えるデジカメではないでしょうか。

これからもC2100を使い続けていこうと思っています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして
わたしもかつて 2100愛用しておりました。
懐かしくて 立ち寄らせてもらいました。
本体は既に手元にないのですが
確か 未使用の
スマートメディアカードが
あったような気がします。

いや このカメラには
おせわになりました。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2015/07/28 18:07
初めまして。 返事が遅れてすみません。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんも2100を使っていたことがあったのですか。

久しぶりに使いましたがなかなか良いカメラですね 久しぶりに現役復帰させようと思っています。

スマートメディアは、以前パソコンに接続した時カードを認識しなくなったことがあったので、以来予備に2枚用意しているので今のところ大丈夫かと。 ご心配ありがとうございます。
ひぐらし
2015/08/05 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
古いデジカメ検証/OLYMPUS CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる