リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪しいメール

<<   作成日時 : 2016/02/19 13:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3ヶ月もの長い間ブログの更新を怠っていましたが、やっと再開に漕ぎ着きました。
これから少しずつですが更新していきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


仕事で使っているパソコンにいろいろ怪しいメールが来ます。

単なる迷惑メールが多いですが、中には怪しいサイトに誘導するメールがあります。
単純な迷惑メールはメーラーのスパム振り分け機能でゴミ箱に直行させられますが、スパム振り分けをかいくぐってくるメールが有ります。
これらのメールはウィルスが入ってるわけではないのでウィルス対策ソフトでは駆除出来ないので、受信者が注意をするしかないのです。


こんなメールが来ます。

画像


画像



2つのメールを見ると発信人や内容は異なるものの、書き出しは全く同じです。 1つは宛名に様とか御中とかの敬称もないお粗末なものですが。


書き出しに

「先日はお電話にてご対応いただきまして・・・・」

とあり、誰かが電話で対応したのだろうか? とつい見てしまいますが、実際には誰も電話で対応などしていないのです。

このような釣り言葉に引っかかって連絡をとったりすると、しつこくつきまとわれることになる(たぶん)ので、注意をする必要があると思います。


これらは、フィッシングと言っても危険なものではないので、もし連絡をとっても特に問題はありません。 気がついた段階で拒否をすれば良いのですから。

ただ次のようなメールは問題有りです。


画像



差出人に記憶がないので当然削除なのですが、一応いろいろチェックしてみます。

添付ファイルがdocとなっておりワード形式です。
インボイスを送るのにワードのわけがありません。 なぜなら内容を変更出来てしまうからです。

このように添付ファイルの形式に注意をすることでも怪しいメールだということが分かります。


念のためaguse.jp(ここ)で発信元を調べてみました。
aguseは怪しいメールやURLの発信元を確認するのに、とても有用なサイトです。


画像



発信元のIPアドレスからボリビアからの発信ということが分かります。

もし差出人に心当たりがあるメールでも、ちょっとでも怪しいと感じたらこのように実際の発信元を調べれることで危険を回避出来るのです。

当然このメールは削除!



次にこんなメールが。

画像



DHL Expressからの連絡のようです。

DHLは利用しているのですが、よく見ると宛名がブランクです。
AWB(エアウェイビル、貨物運送状)の番号を調べてみても該当がない。 
さらに添付ファイルがZIPフォーマットです。 普通書類を添付する場合はPDFのはず。

これは怪しい!

というわけでaguse.jpで発信元を調べてみたところ、 解析不能。
ヘッダ情報すらも手を加えられているようで、かなり危険なメールだと思われます。

よって即刻削除!


DHLやUPSなどの運送会社を騙った通知メールが来ますが、よほど信頼出来るメール以外は安易に添付ファイルを開いてはダメです!

添付ファイルがZIPの場合、解凍して何が現れるかわからないので特に気をつける必要があります。



こういう危険なメールがウィルス対策ソフトで発見出来ないからといっても・・・・・当然ですがウィルス対策ソフトは常に更新して最新状態にしておくことです。

一度に10件ものウィルスが送られてきていました。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪しいメール リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる