リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性(ギタリスト)のためのジェルネイル続編/『セミハードコート』をする

<<   作成日時 : 2011/06/01 18:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以前クラシックギターを弾く人の爪の補強として、ジェルネイルを自分で行う方法について説明しましたが、その後新しい試みも行ったので、その続編です。


何度か自分で行ったのはソフトジェルネイルで、ネイルをした後も爪に違和感がなくまるで自爪のような感じでギターを弾く事が出来ていました。

ギターの音色も自爪の時とほとんど変わらないので満足していたのですが、強度的にはやや劣っているのか爪の先端に小さな割れが入る事があります。
その場合でも大きく割れる事ではないので、爪ヤスリで先端を削る事で解消していました。


最近、セミハードのトップコートをソフトジェルの上に塗る事が出来る、ということを知りました。 ソフトジェルよりも爪の保護に良さそうです。
ネイルにも慣れてきたのでセミハードにも挑戦してみようと思い、試してみました。

使用した製品はネイルガーデンのUVトップコートです。
LEDライトにも対応しているという事だったのが選択した理由でした。 LEDライト対応とうたっているネイルは少ないので探すのに苦労をします。

画像


塗り方はソフトジェルと全く同じで、ソフトジェルを塗った上に塗るだけです。

今回は試しということもあり、手を抜いて2週間ほど前に塗ったソフトジェルの上に塗りましたが、衛生面から決してお薦め出来る方法ではありません。 こういうことは極力しないようにして下さい。

まず、古いジェルをまんべんなくファイリング(ヤスリがけ)します。 強く行うとジェルが取れてしまうので軽く表面だけが削れる程度に行います。

1度クリアージェルを塗り硬化させます。
その後、未硬化ジェルの拭き取りを行わないままトップコートを塗ります。 こうすることでトップコートの浮き上がりを防止出来るようです。

ネイルガーデンのトップコートには専用のブラシが付いていて便利なのですが、ジェルが多めに出すぎるので気をつける必要があります。

トップコートを塗る時はツーンとするものすごい臭いがします。 あわてて窓を開けましたが、換気を良くしないとちょっと心配になるくらいです。 塗った後は臭いは消えて残りません。

このトップコートの便利なところはノンワイプといって未硬化ジェルの拭き取りが不要なところです。
UVライトで2,3分ということなので、LEDライトでは1分でも大丈夫かとも思いましたが、確実に硬化させるためUVライトと同じ3分間照射しました。

写真では判りにくいかもしれませんがソフトジェルとは異なる硬質な光沢になりました。 全く拭き取りをしなくてもこの光沢が出るのには驚きです。
画像


男性の爪がこの光沢ではおかしいですね。
そこで、目の細かいネイルファイルで軽くファイリングをします。

ファイリング前とファイリング後の比較です。
画像


これならほとんど自爪と同じ光沢なので違和感はないと思います。


早速ギターを弾いてみました。

ソフトジェルの時は生爪で弾いた時と同じような音ですが、セミハードコートの場合は硬質な音になっています。 爪の柔らかい人などは特に良いのではないかと思います。
音質的には好き嫌いが分かれるところですが、音量が大きくなるので安ギターを使っている者としては有り難い事です。


セミハードをする上での問題はジェルオフ(ジェルを剥がす)ではないでしょうか。

ハードジェル、セミハードジェルは、ソフトジェルのようにアセトン溶液でジェルを溶かすことが出来ないのです。
ソフトジェルの場合は、アセトン溶液を爪に塗ってジェルをやわらかくした後、こすり取る事でオフ出来るのですが、
ハードジェル、セミハードジェルの場合は、ネイルファイル(ヤスリ)で表面を削り取るしかないのです。
そのため、慎重に行わないと爪そのものを削ってしまう事があり、誰にでもお薦め出来る方法ではないという事です。

今回は、セミハードをソフトジェルの上からコートしているので、いくらかは作業がしやすいとは思いますが、まだ実際にオフをしていないので何とも言えません。
ネイルオフについては、実際に行ってから報告します。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

補追(2012年8月)

長いことジェルネイルを繰り返していたところ、爪が薄く柔らかくなってしまいました。
ギターを弾くのには致命的な爪の状態だと思い、現在はジェルネイルを止め、ネイルグルーで爪を補強しています。

原因はジェルネイルを剥がす時のアセトン溶液とファイリングで爪を削る事が考えられます。

爪の補強のためにジェルネイルを塗る場合には、爪が伸びてきてもジェルを剥がさず上塗りすることで、爪の弱体化が防げるようです。
くれぐれも頻繁にジェルを塗り直すようなことはしないで下さい。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性(ギタリスト)のためのジェルネイル続編/『セミハードコート』をする リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる