リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の音楽(邦楽)がつまらない。

<<   作成日時 : 2012/09/14 12:47   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

いつまでも暑い日が続いていますが、気がつくと入浴中の窓の外から虫の声が聞こえるようになって来ました。
読書に良い季節が近づいていますね。

というわけでもないのですが、高橋克彦氏のホラー短編集「たまゆらり」を久しぶりに読み返して見ました。
その中で「うたがい」という作品の中に、最近の音楽についてのこんな一節に気がついたのです。


 「歌にしてもそうだ。 カバーポップスは若者の夢や憧れで満ち溢れていた。 あがた森魚にはロマンがあったし、吉田拓郎は気概を持っていた。 そのことごとくが今の若者の歌には見られない。 踊りで飾りつけ、貧弱で平凡な心の揺れをメロディでごまかしている。」

簡潔かつ的確に現在の音楽界を指摘していると思いませんか。


ここで書かれていた1970年前後、ボクはジャズからロックに興味が移っていた時期で、カバーポップスやフォーク系の音楽は特に好きではなかったのですが、ラジオやテレビで流れてくるので何気なくは聴いていました。

本に出てきた「あがた森魚」と「吉田拓郎」という懐かしい名前を聞いて、久しぶりに彼らの音楽を聴いてみたくなりました。


「あがた森魚」の『赤色エレジー』
最近のライブ映像です。 若かった頃はアイドル系だったような気がするのですが・・・・
はっきり言ってこういう音楽は好きではないですが、詩はとても良いと思います。
特に最後の『お涙頂戴、ありがとう』は秀逸だと思います。
この一節でそれまでの暗い詩が救われていると思います。




「吉田拓郎」はロック色を打ち出していたので他のフォーク系の人よりは興味がありました。 特にこの曲『旅の宿』は好きでした。
「岡本おさみ」の詩が実に素晴らしいです。 個人的には邦楽の詩でコレを越えるものをまだ聴いていません。 


『旅の宿』はギターとハーモニカだけのアコースティックバージョンと、バンド形式のバージョンがあります。 みなさんはどちらが好みでしょうか? ボクはどちらも好きですが、詩の内容からはアコースティックかな・・・・

旅の宿(アコースティックバージョン)


旅の宿(バンド形式バージョン)



2006年のつま恋のライブ映像『落陽』です。
この曲も岡本おさみの詩です。 『襟裳岬』の姉妹曲のようでもありますが。




たまたま『赤色エレジー』と『旅の宿』を現在の邦楽とを比べてみたのですが、最近の音楽はリズムや凝ったコード進行や演奏水準は当時よりはるかに上を行っていると思うのですが、心を打つものが全く感じられないのです。

洋楽のように詩の内容がわからないならまだしも、邦楽はどうしても歌詞の内容を考えてしまいます。
ところが最近の歌は何を言っているのか分からないものが多いです。
自分が年取ってついていけなくなってるのかも知れませんが・・・・

高橋克彦氏は最近の音楽を「貧弱で平凡な心の揺れ」と言っていますが、それでも心の揺れを感じさせる内容ならまだしも、単にはやりの心地よい単語を並べただけの曲(誰とは言いませんが女性です)や、中身の無さを踊りでごまかしているどこかの国の音楽となると、もう聴くにも耐えられません。


そんなわけで結局、歌がないインストルメンタルか歌詞の内容が分からない洋楽を聴いているのです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
それは つくづく思っていることですよ
10代20代は こういった音楽を毎日聴いていたし
なくてはならぬ音楽でありました!

80年代頃から あれっと思うようになり90年代は
もう 単なる自分が年をとってるからとも思えなくなりましたね!

娘なんかは パソコンで聴くだけで 満足してるし
その程度の音楽なんだと思います。
まあ アニソンなら 昔はそのアニメに即したアニソンやったけど この頃は そこそこ売れることを目当てに
アニメや ドラマとタイアップしてる歌が多いですね!
まり
2012/09/16 15:38
確かに昔はエキサイティングでしたからね。ひぐらしさんが邦楽聴いてた頃は日本のロックが成長期でどんどん新しい音楽が生まれていました。

最近は社会の動きと音楽は直結してると思うので昔ほど新しい音楽がジャンジャンと言うわけではありません。

ZAZEN BOYSというグループはお薦めですが後お薦めできるのがいくつあるか。とりあえず僕のブログで邦楽欄でも読んでみてください。良ければ。
今川
2012/09/18 21:31
まりさん、返事が遅れてすみません。
ボクも最近の音楽がつまらないのは歳のせいかなとも思ったのですが、最近の若い人にとって、音楽は鳴っていれば良いという程度のようなので、どうでも良い音楽が多くなったのでしょうね。
ひぐらし
2012/09/20 12:33
今川さん、昔はロックに勢いがあった時代がありましたが、世の中の変遷とともに音楽も変わったのですね。
ブログはいつもチェックさせてもらっています。 碓かzazenBOYSの記事もありましたね。 読み返してみます。
ひぐらし
2012/09/20 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の音楽(邦楽)がつまらない。 リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる