リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS ギターが変わると押さえ方も変わる/大聖堂(La Catedral)から

<<   作成日時 : 2012/10/16 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前回、ヤフオクで落札したギターを紹介しましたが、このギターが弾きやすく、それまで苦労していた「大聖堂(La Catedral:アグスティン・バリオス)」の第3楽章が楽に弾けるようになったので、この曲の練習を再開しました。

ところが、今までは難なく弾けたのに、どうしても押さえられない個所が出て来ました。
第2楽章の12小節(ボクの持っている楽譜では13小節)です。

画像


赤丸のところがその個所です。
今までのギターはカッタウェイのため、12フレットを簡単にセーハして弾けたのですが、今度のギターは普通のネックのため、12フレットをセーハしようとすると、手がボディに当たってセーハ出来ないのです。
ボクの押さえ方に問題があるのかも知れませんが、どうすれば良いか判りません。

そこでこの個所の押さえ方を変えて見ました。
楽譜は途中からなのでわかりにくいで方が、ロ短調なので♯が2つ付いています。

2弦Bを2で、4弦D♯を3で、5弦Aを1で押さえるようにしたのです。
するとどうでしょう、あんなに苦労してセーハしたのがウソのように簡単に弾けるではないですか。

この押さえ方の欠点は、前の音から次の音に移行するときに指のつながりが悪いということです。

  1弦   2弦  4弦  5弦
  F♯4  C♯3 E2   A♯1
  F♯4  B2  D♯3  A1
  E4    B3  D2   G♯1  

2弦を3−2−3、4弦を2−3−2と入れ替えなければならず、合理的な運指でないのがネックです。

その後は楽譜どおりの運指で弾けます。 こんな具合です。

画像



カッタウェイのギターに慣れてしまって、普通のギターではどうしても12フレットセーハが出来ないので、どうしたものか現在検討中です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう1ヶ所、これはギターの違いによるものではないですが、押さえ方を変えたら楽に弾けるようになった個所がありました。

第1楽章(序曲)の最終部分です。

画像


前にも赤丸内のハーモニクスが難しいと書いたことがありましたが、相変わらずこのハーモニクスを4音とも平均的に出すことが出来ません。

2弦と3弦の12フレットを4(小指)で、5弦と6弦の7フレットを1(人差指)で同時にハーモニクスをするのです。
2,3弦を弾くには小指の第1関節を曲げなければ同時に12フレットを弾くことが出来ません。
この状態だと5,6弦の7フレットに人差指が届かないのです。
どうにか届いても5,6弦のどちらかしか音が出ません。

数回トライしてやっと1回成功するかしないかで、これでは問題がありすぎです。
指が長い人ならともかく、ボクのように指が短い人間には無理という事が判りました。


この場所を練習していて、ふと思ったことがありました。
今までは前の小節の19フレットのハーモニクスを右手だけで弾いていたのですが、これを左手で弾くように変更しました。
左手の親指をネックから離して左手を浮かせて19フレットを弾きます。
それなら、次の問題のハーモニクスを弾くときに、なにも親指をネックに戻さなくても良いのではないか。

というわけで、7フレットのハーモニクスを左手親指で弾いてみました。
すると難なく弾けてしまいました。
これだと手の小さい人でも簡単に届きます。

左の親で弾くなんて、邪道。
と言われるかも知れませんが、弾けないものは仕方がないので形に囚われないことにしました。


過去の同様記事

http://kana-kana.at.webry.info/201205/article_3.html

http://kana-kana.at.webry.info/201204/article_5.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
弾きやすいギターで良かったですね。
しかし難しい曲を弾いてるんですね!
12フレットのセーハはかなりキツイです。
2弦Bの音がなかなか上手くなってくれない。
ハーモニクスは小指12フレット人差し指7フレット
ですが私は普通にとどきました。
小指は伸ばしたままでいいんじゃないですか?
それにしても難しい曲です。
toshi
2012/10/17 16:39
toshiさん、そうなんですよ。12フレットをセーハで2弦のBが鳴らないのです。 苦肉の策で本文のような抑え方を考えたのですが、流れが良くないためやっぱり上手く弾けません。 やっぱり12フレットセーハを克服するしかないのでしょうか。

セーハは普通に出来ましたか。 小指を伸ばすとなんとか届くのですが、こんどは12フレットのどちらかの音が消えてしまうのです。 親指で弾くと難なく出来るので、やはりここは変則的な親指奏法で行こうと思っています。
この曲は本当に難しいです。 自分の技量では無理と分かっていてもなんとか弾けるようになりたいとの願望で弾いてます。

ひぐらし
2012/10/18 12:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギターが変わると押さえ方も変わる/大聖堂(La Catedral)から リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる