リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京は久しぶりの大雪/ノーマルタイヤで雪道を走る

<<   作成日時 : 2013/01/15 12:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

3連休の最終日、娘が友達の誕生日祝いを買いたい、というので車で「亀有アリオ」へ出かけた。

朝から雨が降っていて、天気予報では午後から雪になるかもしれないとのこと。
雪になる前に帰ってこよう、と11時にはアリオに着いたが、いつもならこの時間だと4階の駐車場に入れるのに、雨のため他に行くことが出来ないせいか、早くから混んでいて4階は満車。 5階の駐車場の端の方にやっと止められた。

2階のレストランでちょっと早めの昼食を摂りながら・・・・外を眺めるとすでに雪が降っているではないか。
それもみぞれ混じりなどという可愛いものではなく、まるで雪国のような激しい降り方。

食事を終えて食料品を買うために1階のイトーヨーカ堂へ。

その時に娘のデジカメで撮った写真です。
画像


画像


画像


この後、とんでもないことになるとは・・・・
のんきに写真を撮り、買い物を済ませて駐車場へ向かう。

1階の催し広場で「平成ノブシコブシ」が出演しているのを、動きの遅いエスカレーターに乗りながら眺める。
ちょうど観客のじゃんけん大会が行われているところだったのだが、じゃんけんの結果待ちのノブコブ吉村がTVで見るのとは違って気取った感じですまして立っている。 黙っている時の吉村が案外気取り屋ということが判った。

などと、のんきに5階の駐車場に上がると・・・・そこには長蛇の車の列。
やはり雪なので早く帰りたい人が多いのだろう、と思いながら車を出す。
ところが、クルマが全く動かない。
1時間たち、2時間たち、さすがにいらついてくる。
やっとわずかづつだが動き出し、駐車場から外に出るだけで3時間もかかった。

外に出てからまたわずかずつしか動かない。
今日は成人式、晴れ着を着た女性が3人雪の中を裾を端折りながらアリオに入っていった。
駐車場から表通りの環七通りに出るだけで1時間以上かかってしまった。 歩いても1分なのに・・・・

環七も大渋滞でわずかずつしか進まない。
滅多に雪が降らない東京ではスタッドレスタイヤを履いている車はほんの僅かで、そのため余計に動きが悪くなっているのだろう。

亀有アリオから我が家までは距離にして5キロ足らずで、いつもなら環七を走って帰るのだが、途中水戸街道を跨ぐ「青砥陸橋」と中川を渡る「青砥橋」があり、特に青砥橋は長い上りがあり、ノーマルタイヤではちょっと危険。
環七の大渋滞は青砥陸橋を登らないように側道に車両が集まったのが原因ではないかと後で気がついた。

別の道で帰ろうと、最初の交差点を右折して裏道を行くことにした。

当然ボクの車もノーマルタイヤ。 気をつけて走らないとスタックする恐れがあるので、慎重に走る。

雪道走行の鉄則。 発信、停止、ハンドル操作で、急のつく動作をしない。

これはノーマルタイヤでも有効で、
1.発進時はオートマのクリープ現象を利用して少し動き出してからアクセル操作をする。 走行中タイヤが空転し始めたらアクセルを戻してグリップを回復する。
2.前の車との車間距離を充分とって、前方の信号が赤になったらアクセルを戻して徐々に停止し、極力ブレーキは踏まない。
3.ハンドルを大きく切らないで少しずつ曲がるようにする。 ハンドルを切った状態でアクセルを踏み加速しない。

ノーマルタイヤで雪道を走るなどという事は絶対してはいけないですが・・・・やむを得ず走らなければならない時でも、これらを守り、轍なども利用して走ると結構走れるものです。

裏道を走って水戸街道に出ると、通行量が多いせいもあって状況もやや良く結構走れます。 それでも路面が凍り始めているので、急な動作は禁物です。
試しにアクセルを軽く踏み込んでみると、案の定タイヤが空転します。

下りの水戸街道は大渋滞ですが、上りは車も少なく快適に走って、四つ木の交差点を左折。

四つ木の京成電鉄踏切を超える時は、手前で停まって前の車が渡リ終えてから踏切直前で一時停止をしないで通過する。 踏切は見た目よりは坂になっていて一旦止まると走り初めにスリップすることがある。

前を走っているBMWが雪道に慣れていないのだろうが、のろのろ運転がひどくてちょっといらつく。

やがて雪道最大の難所、平和橋に。 アプローチが短く登りやすいと思い平和橋を選んだのだが、正解だったようだ。
橋を登る時は絶対止まってはいけないので、坂の下で待ち前の車が登り切るのを待ってスタートする。

スタートしたら極力アクセル操作を変化させないようにして、一定速度で走りきる。 万一途中でスリップしたらもうどうしようもなくなるので、ここは慎重に走る。

橋を渡り切った所に信号があって、信号待ちをしているうちに前のクルマが遠くになったので、これ幸いと一気に下った。

反対車線には何台も車がスタックしていて、警察官が出ていた。 1台の車は完全に斜めになって歩道の段差で止まっている。
坂を登っていった橋の取っ掛かりに信号があるので、ここで赤信号にひっかかった車が再発進出来なくなってしまったのだ。

坂の下で待機して信号に合わせて1台ずつ上がっていけばこんなことにはならないのに、なんとなく前の車について行ってしまったのだろう。

そんなこんなで家に着いたのは5時になっていた。
いつもなら十数分で帰れる所を実に5時間かかった。

こんなことを言っては叱られるかもしれないですが・・・・
久しぶりの雪道走行で、大変でしたが楽しくもありました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大変でしたね(笑)
こちらだと写真みたいな雪でも余裕ですけど、ノーマルタイヤだと思うとゾッとしますね。
ケイ
2013/01/16 15:20
ケイさん、仙台の方ではこの程度の雪は当たり前なんですね。
東京はなんたって2センチ程度でも大変なので、今回は8センチも積もったのですから、想像を絶する混乱でした。
若いころはよくスキーに行っていたので雪道走行には慣れていましたが、さすがにノーマルタイヤでチェーンなしでは神経を使います。
雪が降りそうな時は出かけないことにしているのですが、今回は天気予報に惑わされてしまいました。

ひぐらし
2013/01/16 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京は久しぶりの大雪/ノーマルタイヤで雪道を走る リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる