リトルウィング

アクセスカウンタ

zoom RSS 郷愁のショーロ(Choro da Saudade)/なんとか弾けるようになった

<<   作成日時 : 2014/12/01 18:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

アグスティン・バリオス=マンゴレ(Agustín Barrios Mangoré)の作品の中に『悲しみのショーロ/郷愁のショーロ(Choro da Saudade)』という曲があります。

2年ちょっと前にこんなタイトルで書いています。「バリオス作『悲しみのショーロ(Choro da Saudade)』/左指が届かない譜面!


この曲は運指が大変すぎて諦めていたのですが・・・・

10月の練習会を終え、11月練習会では何を弾こうかと考えていて、突然この曲を弾いてみたいと思ってしまったのです。

本番まで約1ヶ月あるので、練習をしてみて無理そうだったら元々考えていた別の曲にすればいいや、と安易な気持ちで練習を始めました。


早速YouTubeで参考になる動画を見ると2年前に比べさらに多くの人が演奏していて、演奏表現も人によって様々です。

その中で個人的に分かりやすく演奏の参考になると思われる動画がこれでした。

Choro da Saudade played by Julio Reyes



ここからの内容は以前のものと重複する部分があります。

楽譜の最初、Aメロディの一部です。
画像



イントロの2小節(下の図)でつまづきました。

標準の運指(上)だと、2小節目5弦2フレットを押さえると4弦に指が触れてしまいます。 指を立てると大丈夫なのですがこんどは3弦、2弦の音が非常に不安定になってしまいます。

いかに正しい押さえ方をしていないかがわかります。 ただここで躓いていて先に進めないのもまずいので、この部分を下の運指に変更することで解決しました。

画像


今は上の運指でもなんとか弾けますが、やはり若干不安定なので本番では下の運指でいこうと思っています。


下はBメロディの最初部分です。 ここからショーロのリズムになりますが、上の楽譜に対して、下の楽譜のように演奏している人が多いのです。

付点8分を16分で演奏しているのです。 特にBメロを速く弾く人にこの傾向が強いです。
付点8分ということはここを短く切ってはいけないのでないでしょうか。 せめて8分くらいに伸ばしたほうが良いと思うのですが。
レベルの高い演奏にもここを切って演奏する人がいて、個人的な感想ですがちょっと違和感を感じます。 

画像



この曲で、指が届かないという有名な部分です。

下の楽譜の3小節目、6弦の2フレット、1フレットを弾くところです。
2フレットはギリギリ届くのですが1フレットは完全に無理です。

画像



YouTubeでここを親指で押さえている人がいたので、同じ方法で弾いてみました。

6弦2フレットです。 指にはまだゆとりがあります。

画像


6弦1フレットです。 ちょっときついですがなんとか押さえられます。

画像


通常の押さえ方から親指に変更する時と通常の押さえ方に戻る時がちょっと難しいですが、慣れると普通に出来るようになりました。

この後、6弦2フレットの押さえ方がもう1度出てくるのですが、ここは半音下降の上と違い突然現れるので、前後の運指との関係で親指で押さえるのは不可能です。 ここは1、3、4弦を押さえてから人差し指を2フレットまで伸ばすようにしてギリギリ弾いています。

画像



転調したCメロディの最初部分も指をきちんと立てて弾かないと駄目な所があります。
1小節目6弦6フレット、1弦3弦の10フレットを押さえながら2弦開放を弾かなければならないのです。 指を立てないといけないのできついです。

画像



その他にも、運指がきつい所や押さえにくい和音がありますが、指が届かないようなことはないのでなんとかなりそうです。

この曲は左指の正しい押さえ方を要求され、知らず知らずのうちに正しい押さえ方をしていなくなっていた事を反省させられる曲です。

左手の変化が大きい曲なので、そこに囚われていると表現が疎かになってしまい、面白くない演奏になってしまいがちです。

これらを克服して音楽的に豊かな表現が出来るようになりたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月の練習会直前になって風邪をひいてしまい演奏できなくなってしまいました。
来春の発表会に向けてなるべくいろいろな曲を弾きたいと思っていたのですが、12月は予定曲を諦めてこの曲で再挑戦しようと思っています。
冬場は体調をこわしやすいので12月も大丈夫か不安です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今転調の前まで練習中。指が短く63cmのギターを使っていますが、それでも親指押さえでやっています。いろいろな画像があるので昨今は便利ですね。最初画像を見たときビックリ!その手があったか〜〜〜〜。バリオスってそうとう手が大きかったのでしょうねぇ。
mii
2015/07/06 23:21
miiさん、バリオスは手が大きかったようで指がきつい曲が多いですが、YouTubeを見ると軽く押さえている人が多いのに驚きます。

この曲を同好会の練習会で披露してから親指押さえに変更する人が出てきました。

練習がんばって下さい。

ひぐらし
2015/07/09 10:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
郷愁のショーロ(Choro da Saudade)/なんとか弾けるようになった リトルウィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる